ランキングとクチコミ

CA062_L人気のあるペットとしては犬と猫が双璧でありますが、やはり純血種の人気は高いようで、ペットショップでも多くの人が訪れています。

しかし、純血であるということは血が濃くなっているという事、その為に、その種類に多く見られる病気やケガの特徴というものもあります。

それは、心臓病や股関節奇形、目の異常や難聴、その容姿による腰や背骨の病気、骨の細さから骨折しやすいなどもあります。
猫は腎臓が弱いといわれますが、知人のアメリカンショートヘアは尿結石症やケガで、しばしば病院のお世話になっています。

なにより、ペットを飼うとなれば、おもちゃを買うような訳にはゆきません。
人間と同じ生命であり、人間と同じように病気にもケガにもなりますが、人間のように公の保険はありません。
因みにその費用は、シーズ8歳胃がん手術39万、猫3歳結石手術14万円、パグ7才ヘルニア手術38万円といいます。

そこで重要となってくるのが、ペットの保険です。
しかし、加齢による保険料の値上がりや、どの保険にしたらいいのか分からない、現在ペット保険に入っているが不満である、月々の保険料を安くしたいなどのお悩みがあるのであれば、オススメなのが「ペッツベスト」です。

ペッツベストの特徴は、病気や怪我に「がっちりと備える」「お手軽に」「突然のケガ病気に対応」の3タイプの、ファーストプラン、ベーシックプラン、アクシデントプランの3プラン。
保険支払い割合はそれぞれ80%、年当りの保険金額は100万~50万円、1回当り限度額は50万円~25万円、1回の自今負担は、7500円~2万円となっています。

その保険料は、ベーシックプラン一例として、チワワ0才1870円/月、トイプードル2歳1990円/月。ミニチュアピンシャー5才2140円/月、猫0歳1270円/月といったところ。

又、一症病でも保険金額内であれば制限なし、加齢に伴う保険料増が小さい、16才まで加入OK、全国どこの病院でもOK,、入院回数に制限なしなどが特徴です。

可愛い家族の一員となっているペット達、しかし、その寿命は犬猫で15年前後といわれ、飼い主より早く老いていってしまいます。
そんな家族のためにも、目一杯の愛情を注いでやりたいのでしたら、2012年度、楽天のペット保険ランキングNO1のペット医療保険をオススメいたします。